血管

スポンサーリンク

血流が良い=健康。

と言われているほど血管は重要。

サウナ

血管を鍛えるのにかなり有効。

温暖差で血管が収縮し血流が良くなる。

体をあたため、腸にも良い。

腸から吸収した栄養が血管に入るのでさらによい。

しかも、自律神経を整え睡眠が良くなるので、血管をドロドロにする一番の原因の睡眠不足を解消する。

血管

血管の壁が柔らかく弾力性がある人は若く見える。

逆は老けて見える。

睡眠

血管をどろどろにする一番の理由は、夜更し、睡眠不足

1100〜0300までには熟睡してるのが好ましい。

良い食べ物

ねばねば。ぬるぬる系の食べ物

納豆 もろへいや うなぎ オクラ ヤマイモ カレイ アワビ

モズク メカブ コンブ アンコウ カキ ふかひれ

ムコ多糖類が入っているから。

血糖値を抑える。

ナットウキナーゼは血栓を防ぐ血圧を下げる

血栓の主成分であるフィブリンというタンパク質を溶かしてくる。

血管に傷が出来た場合血栓で傷を防ぐ。

その後通常は溶かすが、加齢により残ったりする。→詰まる。

血糖値スパイク

食後の短時間が血糖値が急上昇すること。

活性酸素が大量に発生し、動脈硬化に繋がる。

膵臓からインスリンが排出され、血糖値が急激に低下する。

また、血糖値が上がる。血糖値の乱効果がおこる。

ご飯をゆっくり食べる。糖を控える。

先に食物繊維を食べる。糖の吸収をゆっくりにする。

血糖値をあげるホルモンが五種類ある。

下げるホルモンはインスリンのみ。

インスリンはホルモン。膵臓から

インスリンがブドウ糖を細胞に取り込み、エネルギーにかえる。

余ったものはグリコーゲンにして肝臓や筋肉に蓄える。

空腹になり血糖値が下がると、グリカゴンが膵臓から分泌される。

肝臓に蓄えたグリコゲンを分解しブドウ糖に変えてエネルギーにする。それも余ったら中性脂肪になる。

このようにインスリンには、血糖値を調整する働きがあります。

インスリン注射は、このインスリンを外部から補う治療法です。

血管の中に過剰な脂質 糖質があると、血管が詰まったりする。

血管内皮細胞

一酸化窒素

血管内皮細胞が一酸化窒素を作る→血管を柔らかくし、しなやかに若々しく保つ。

高血圧 動脈硬化 血栓がつくられるのを防ぐ

年齢とともに血管内皮細胞が衰え一酸化窒素を作る割合が減る。

一酸化窒素を作り出す成分が硝酸塩

硝酸塩を含む食べ物

葉物野菜

ほうれん草 レタス

ちんげんさい

コエンザイムQ10は一酸化窒素を保護するとい考えられている。

コエンザイムQ10を摂取すると一酸化窒素のレベルが維持。

エネルギーを摂取してもそのまま使えない。

ミトコンドリアによってATPに変換される。1日で50kg~100kgが作られている。

95%はミトコンドリアによって作られている。

ミトコンドリアがないと死ぬ。

ミトコンドリアがエネルギーを作るのにコエンザイムQ10がいる。

肉や魚に含まれている。

血管内皮細胞 の基準値 FMD

オメガ3系脂肪酸を摂取すると上がった。

コメント